クレジットカードの明細書を見直しませんか?

節約を別の言葉で表現するなら「支出を減らす」となります。「そんなの当たり前」と思われるかもしれませんが、支出を減らすために必須となるのが、支出の内容を把握することです。人間、財布から出すお金は気にします。でも、それ以外の支出はあまり気にしていないのではありませんか?例えばクレジットカードを使うと月毎に請求が来ますが、トータルの金額は気にしても、その内容はあまり気にしない傾向があります。

長い間クレジットカードを使用していると、大体月平均の金額が頭にあって、それを大きくこえてしまうと、流石に請求書を見直しますが、原因が分かるとその時点で納得してしまい、他の支払いには注意が向きません。でも、節約をしたいのであれば、請求書の内容を詳しく見直すことを強くお勧めします。特に毎月定額支払っているものは、よく吟味すべきです。

貴方の今の生活にその支払いは必要でしょうか?比較的大きな買い物のローンなどの月毎の支払いなら、それは義務です。でも数年前に入会した有料サービスなどがあるかもしれません。入会当時は積極的に利用していたけれど、現在は放置状態…。そういったサービスに使うお金は明らかに無駄金です。「今は放置だけど、いつかまた」という考え方は駄目です。

それならば必要になったときにまた入会すればいいだけです。今使うべきお金ではありません。己を知れば百戦危うからず、といいます。先ずは己を知る、己の支出を知りましょう。